• ホーム
  • おすすめの日焼け対策方法10選!日焼け対策グッズや日常生活できる実践法

おすすめの日焼け対策方法10選!日焼け対策グッズや日常生活できる実践法

2020年03月22日

肌ダメージを軽減するために、ぜひ避けたいのが日焼けです。日光に当たることで、私たちの肌は傷つき、確実に老化していきます。どのようにして日焼け対策を行うのかが、年齢に負けない肌を作るためのポイントだと言えるでしょう。

日光から皮膚を守るための方法はさまざまですが、もっとも有効だと言われているのが、日焼け止めクリームによる対策です。UVカット効果のあるクリームを全身に塗ることで、いつでもどこでも、手軽に紫外線をカットできます。首や腕、手の甲といった細かなポイントも、しっかりと守ることができるでしょう。

クリームタイプの商品の重さやべたつき、臭いが気になるという場合には、さらりと使えるジェルタイプがおすすめです。塗ったあとの違和感が少なく、また洗い流す際の手間も少ないので、幼い子供の肌にも使いやすい商品が多いという特徴があります。

さらに近年人気の日焼け対策グッズとしては、UVカットスプレーが挙げられます。こちらは、紫外線カット効果のある成分を微粒子にして肌に吹き付けることで、ジェルタイプよりもさらに手軽に日焼け対策可能です。紫外線によってダメージを受けるのは皮膚だけではありません。髪も確実にダメージを蓄積してしまうのですが、スプレータイプであれば、髪の紫外線対策にも利用できます。

肌に直接つけるもの以外だと、帽子を選択するのがおすすめです。できるだけつばの広いものを選択し、頭部だけではなく、首やデコルテを守るようにしましょう。もし可能であれば、日傘も併用することでさらに紫外線カット効果が高まります。

腕や足にUVカットクリームなどを塗布したくないときには、やはりこちらも物理的な方法で対処しましょう。専用のアームカバーやフットカバーを使うことで、日焼けによるトラブルを軽減できます。また意外と忘れがちなのが目の紫外線対策ですが、こちらはサングラスを使用するのがおすすめです。

近年注目を集めているのが、日焼け止め用のサプリメントです。身体の内側に栄養素を補給することで、紫外線によるダメージを最小限にしようとする、新しいタイプの対処グッズです。ただしこれだけで完璧なガードを実現するのは難しいので、ほかの方法と併用してみてください。

紫外線対策は一年中必要ですが、特に夏場は、日差しが強く薄着になりやすいため注意が必要です。水辺のレジャーを楽しむ際には、クリームなどが流れ落ちてしまう可能性もあります。ラッシュガードも上手に活用しながら、対策を行いましょう